2020.03.31

雑記

KYOTO STEAM -世界文化交流祭-

 京都市京セラ美術館が4月4日からリニューアルオープンをします。同時に「STEAM THINKING―未来を創るアート 京都からの挑戦」という展示が行われます。この京都市美術館スタートアップ展関係者ツアーに参加させていただきました。

 私の思うアートとデザインの差をシンプルにいうと「自分の為の物づくり」と「お客様の為の物づくり」の違いです。今回のSTEAM THINKINGでは科学とアートの融合であったり、目に見えない物や手に取ることが出来ない物を形にしていくときに様々なアプローチがあることを思い出させられます。 子供の頃は少ない知識や語彙の中、柔らかな発想により何かを伝えようとしたものですが、大人になるにつれて柔らかな発想が失われていきます。
 これからの私が何が作れるのか?「自分の仕事はアートではない」と最近は考えていなかったな。そんなことを考える機会でした。

 外出する機会も減ったので、色々と考えてみるのも面白いのかな。物づくりとは奥が深い?業が深い?なんにしても「自分と見つめ合う時間が形として出てくる」そのような気がします。