2019.08.26

帯 OBI

フクレ織袋帯「しじらウロコ段」

 
 ウロコ文様にカーブをつけて見ると、新しい文様になりました。よく見ていると、曲線や三角や菱形等の様々な線が見えてきます。忍者の分身の術を見せられているような気がします。

 フクレ織とも相性が良く、同じパターンの繰り返しの柄ですが、織組織が一つずつに変化をつけてくれています。

 派手過ぎず「モダンか古典か」と見る人によって印象が変わる帯になるよう配色を意識しました。

 
 糊付けの強撚の糸、御召緯(オメシヌキ)を使用することで立体感を出したフクレ織になります。

 フクレ織の凹凸があり、生地が滑りにくいので前結びには向いていません。とても軽い帯になります。緩みにくく皺になりにくいので、お出かけの時にはもちろん、旅行の際にスーツケースに入れるときにも便利な帯になります。

 盛夏の時期を除き使用していただけます。